Long Summer

アクセスカウンタ

zoom RSS 最後の授業 JOCV送別会

<<   作成日時 : 2007/11/25 07:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


金曜日

学校で最後の授業をし、
夜はJOCV+マーシャルの日本人の交友のある方々
でひらいてくれる送別会でした。


《最後の授業》

最後の授業が終わったときは

さみしいっ!もっとやりたい!

…というよりも

あぁ〜終わった〜
疲れた〜〜〜〜〜〜っ

とほっとしたというのが正直なところだった。

カリキュラムはもちろん 
なんの道しるべもない 
道具も場所も決められてないところから

ない知恵をしぼって 

毎日毎日 今日は何しよう…と
考えて体育をしてきた日々は 今振り返ってみると
なかなか大変だった。
そして「暑かった」。



でも・・・




そんな中で・・・




生徒が何も言ってないのに ランニングを始めたり
体育のない日に『つまらん。体育したい』って言われたり
新しいことして「これ楽しい!」って言ってたり
体育のあとの汗かいてる生徒をみたり
見てた先生に「あなたのP.Eクラスとても良い」って言われたり
近所のおっさんが体育手伝ってくれたり・・・

そんな小さい小さい嬉しいことが
毎日私の足を学校に運んでくれていたんだ
と思う。

はだし
暑いといってパンツになる
普通にそこらで立ちションしだす
水溜り、ガラス、ゴミだらけのぼこぼこのグランド(学校前)で走り回る
いつもなにか食べてる
すぐ日陰ににげる…
怒っても次の日にはケロッと忘れる

日本ではありえないことがここでは普通だった

でも
そんなことにいちいちショックを受けてる自分は
いつのまにかいなくなった

自分に甘くて手を抜いたり
ネタが全然ないし
もっと生徒にいろんなことやらせてあげられればよかった…と反省すること
だらけやけど

二年間あきらめず

マーシャルのスタイル、ここでしかできない体育を
この日までやりきれたこと

すこしは自分を褒てもいいかな…

何度も切れた私になにひとつ文句をいわず
最後に「体育たのしかった。さみしい」といってくれる生徒に
ほんとにありがとうと感謝したい。

今は笑ってる生徒の顔しか浮かばない


《JOCV送別会》

何度もなんども色んな人を送ってきて
いよいよ自分の番となった。

最初から最後まで、自分の送別会という実感が全くわかなかった。

もちろん歌を歌ってくれたり
メッセージをもらったり
記念品をもらったり…

そういう時には「あぁ…わたし帰るんや」と思うけど

でも気持ちの奥底ではまだ帰ると思い切れてない
準備できてない、実感してない、不思議な感じだった。

それでもやっぱり

ここでJOCVの人たちの顔や、日本人の交友のあった人たちの顔をみると
あらためて

「マーシャルに来てよかった」

と確信したことは間違いない。

ほんとにありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。

そして二年間、同期・近所として
いちばん私(+ロン)の被害を被った、迷惑かけた、一緒にすごした
マルにありがとう。

画像


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
最後の授業 JOCV送別会 Long Summer/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる